Lubuntu 18.04 on VirtualBox

Windows上で色々やるのにLubuntu 16.04 (32bit) を使ってましたが、
18.04のReleaseが近づいてきたこともあって そろそろ18.04 (64-bit) にしてみようかと。

仮想マシンの作成

概ねこんな感じ

  • Linux Ubuntu (64-bit)を指定
  • Clip Board共有/DnDを双方向
  • メモリー2GB,フロッピー削除,ICH9,PS/2Mouse,I/O APIC,UTC
  • 2CPU,PAE/NX
  • ParaVirt-Default,VT-x,Nested Page Table
  • 128MB,1 Screen, 3D Acceleration,
  • SATA/AHCI/SSD,30GB VDI Variable Size
  • Audio In/Out
  • Network Bridge 1 port.
  • No Serial Port
  • USB 3.0
  • 共有フォルダー設定

メディアの入手

まだ正式リリース前ですし、以下からダウンロード。1GBくらいある。

Daily Build

インストール

メディアから起動するとLive環境なのでInstallerを起動してInstall
パスワード設定をしくったんだけど、キーボードマッピングに注意する必要あるかも。
あとは、Minimal+Thirdpartyで普通にInstall

インストール後の起動/パスワード修正

インストールでパスワード設定をしくっていたので以下でパスワード修復

  • SHIFTを押しながら起動してGRUBでroot init=/bin/bashを指定して起動
  • /をrwで再マウント mount -o remount,rw /
  • passwdコマンドでパスワード修正
  • rebootは失敗するので exec /sbin/initで一度起動した後にshutdown
  • 再起動

Guest AdditionsのInstall

  • sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade -y
  • パッケージが足りずinstall出来ない。ここは最低限にせず build-essential をインストール
    sudo apt-get install build-essential
  • メニューのデバイスから Guest Additions CDイメージの挿入
  • cd /media/user/VBox_GAs_5.2.x && sudo ./VBoxLinuxAdditions.run
  • cd / && eject && sync && sudo reboot

Gave up suspend/resume device への対処

これは /etc/initramfs-tools/conf.d/resume にある UUIDで Swap Partitionが見つけられない事によるもの。UUIDを修正するなりなんなりすればよいと。

https://lists.debian.org/debian-user/2017/09/msg00866.html

ただ、LubuntuをそのままInstallするとswapfileで入れちゃうみたい。
swapfileでresumeを有効にするための方法は以下にある

https://askubuntu.com/questions/6769/hibernate-and-resume-from-a-swap-file/6840

色々書かれていますが swapfileの 物理配置が飛んじゃってる場合にちょっと不安があったりするし、
メモリーの容量変更の影響等もあったので別ディスクにしてしまった、、、。

というわけで 8GBほどの固定容量ディスクを追加。
ちなみにファイルの物理配置は sudo filefrag -v /swapfile なんかで調べられる。

ディスク追加後のオペレーション

  • fdisk で type 82 の swap partitionを作成 /dev/sdb1
  • mkswap /dev/sdb1
  • fstabの編集
user@lubuntu64:~$ sudo mkswap /dev/sdb1
スワップ空間バージョン 1 を設定します。サイズ = 8 GiB (8588881920 バイト)
ラベルはありません, UUID=xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx
user@lubuntu64:~$ sudo sed -i.bak -e '/^\/swapfile/d' /etc/fstab 
user@lubuntu64:~$ echo "UUID=xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx none swap defaults 0 0" | sudo tee -a /etc/fstab
  • とりあえず一度reboot sync; sudo reboot
  • swapon -s, cat /proc/swapsで確認
  • /swapfile削除 sudo rm /swapfile
  • UUIDを新しいSwap Partitionに修正 sudo vi /etc/initramfs-tools/conf.d/resume
  • initramfsを更新 sudo update-initramfs -u
  • 再起動して確認 sudo reboot

こんなもんかな。雑ですが、備忘録ということで、、、。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.