Helm 3.0.0 - 5 / create chart

Page content

Helm 3.0.0 が GAになったので 色々やってみる。その5

今日のお題はここの続き Using Helm

自分でチャートを作る

詳細はChart Development Guideですが、とりあえず手っ取り早く作ってみたい場合。

チャートの雛形を作る

helm create CHARTNAME

これで CHARTNAMEのフォルダが自動的に掘られてその下にいくつかのファイルが作成される。

mychart
├── Chart.yaml
├── charts
├── templates
│   ├── NOTES.txt
│   ├── _helpers.tpl
│   ├── deployment.yaml
│   ├── ingress.yaml
│   ├── service.yaml
│   ├── serviceaccount.yaml
│   └── tests
│       └── test-connection.yaml
└── values.yaml

3 directories, 9 files

チャートの検証

helm lint CHART_PATH

チャートの置いてあるパスを指定する。省略するとカレントディレクトリ。

$ helm lint mychart/
==> Linting mychart/
[INFO] Chart.yaml: icon is recommended

1 chart(s) linted, 0 chart(s) failed

チャートをパッケージとしてまとめる

helm package CHART_PATH
$ helm package mychart
Successfully packaged chart and saved it to: /home/user/work/helm/mychart-0.1.0.tgz

ここでファイル名は Chart.yamlの nameと versionで決まるのでちゃんと更新する事

apiVersion: v2
name: mychart
description: A Helm chart for Kubernetes
type: application
version: 0.1.0
appVersion: 1.16.0

パッケージとしてまとめたら 出力を直接使ってインストールする事ができる

helm install mychart-instance ./mychart-0.1.0.tgz