Google Guice with Android

GoogleのDI frameworkであるGuice(ジュース)をAndroidで使う方法を説明するページです。

Androidとは言っても、特殊な話はあまりなくてAOPの無いGuiceと思ってもらえばよいかと思います。既にGuiceを使ったことがある人は最初の導入だけで事足りると思います。
Guiceを使ったことが無い人はModuleの書き方、Injectionの仕方についても説明していますので読んでいただければ幸いです。

この記事は以前blogで覚え書きしたものをまとめて再編集したものになります。

  1. Guiceの入手
  2. Androidプロジェクトへの組み込み
  3. Hello Guice!Androidアプリの作成
  4. Bindings: 注入する物を定義する
  5. 以下書き直し予定。

  6. Field Injection: FieldにAnnotationをつけてInjectする
  7. Method Injection: MethodにAnnotationをつけてInjectする
  8. Scope: オブジェクトの再利用・Singleton
  9. Stage: Injectionタイミングの制御
  10. Constructor Injection: ConstructorにAnnotationをつけてInjectする
  11. Provides: 実装クラスのインスタンスを提供する関数を定義する
  12. Binding Annotation: 特別な場合に対応する。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *