PLEXTOR M5 Pro Firmware 1.0.2 Version Up時の注意

Dell XPS 14のHDDをM5 Pro 512GBに換装して使ってるのですが、12/6にPlextorから新しいFirmwareがReleaseされました。

以下はUpdate時の手順について。

Release Noteを見ると以下の変更があり、Updateしたほうがよさげです。

  1. 一部のシステムでWWNがらみの問題の修正
  2. WHQL(Windowsの互換性試験)でTRIMが失敗する問題の修正
  3. パフォーマンス向上

アップグレードの手順は以下のページにあるM5P FW Upgrade Instructions_en.pdfに書かれています。簡単な英語ですが私がうまくいかなかった点含めて説明。

http://www.goplextor.com/asia/index.php/index.php?option=com_jdownloads&Itemid=55&task=viewcategory&catid=162

 

  1. まずは容量にあったFirmwareをダウンロードしましょう。
    PX-512M5P – 512GB
    PX-256M5P – 256GB
    PX-128M5P – 128GB
  2. FirmwareはISOファイルになっていますので、一度CD-ROMかDVD-ROMに書き込む必要があります。容量は3MB程度ですのでCDでもDVDでもどちらでも構いませんね。
    ISOファイルの中身を確認したところ通常のDOSが起動してコマンドを実行するだけの内容になっていますので恐らくファイルを取り出してUSB等Upgrade対象以外のデバイスでDOS BOOTする事でも対応可能かと思います(私はDVD-ROMに焼いてやりましたが、、、)
    書き込みは私はWindows8だったのでISOを右クリックしてディスクイメージの書き込みで行いました。
    Write Image To Disc
  3. 書き込んだCD/DVD-ROMで起動します。
    XPS 14では起動時のLogoが出ているときにF12を押す事で一時的にCD/DVD Driveから起動させる事が出来ますので、それを利用してCD/DVD Bootをかけました。
  4. 英語でメッセージが表示されます。FirmwareのUpdate Processは途中で止めると壊れるからな、絶対止めるないように。データは保証対象外だから、バックアップして下さい。という事の確認でここでYを答えるとあとは勝手に進みます。重要なファイルは先にバックアップを取っておくことをお勧めします。
    私の場合はこの後デバイス認識で一度エラーが発生してしまいました。Inquiryでデバイス情報をとろうとしてうまくいかないと出ています(当然ながらFirmwareは更新されません)。どうしたものかと思いましたが、BIOSのSATA設定がAHCIだったのを一時的にATAに変更する事で正常終了しました。
  5. BIOS設定を再びATAからAHCIに戻してから、OS起動してデバイスが正常に動作すれば完了です。

というわけで、私の環境ではBIOSのSATA設定を一度変更しないとUpdateできませんでしたが、そこさえクリアすれば特に問題無く動いています。ベンチとかはとっていませんが、そこそこPerformanceあがっているらしいので(参照→http://www.gdm.or.jp/review/2012/1204/13019)M5 ProのユーザはUpdateしてみてはいかがかと。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *